「薬剤師」を育成する豊富なカリキュラム

新人社員から管理職まで、それぞれのステージに合わせた研修 プログラムへの参加を義務づけています。どの研修にも共通して 言えるのは、目的が専門知識・技術の向上に留まらないこと。杏林堂薬局は、薬剤師一人ひとりの医療人としての意欲の向上と精神的な成長を支えています。

スタンダード研修では、薬剤師の成長に合わせ各ステージで必要な知識・技術を身につける研修を階層別に行い、プロフェッショナル研修では、専門性をさらにのばすための研修が実施され自分のやる気と探究心が自分力のアップに繋がります。

 スタンダード研修

吉岡ゆうこ先生(ネオフィスト研究所)

【調剤報酬改定研修】 薬剤師の成長に合わせて、各ステージで必要な知識・技術を身につける研修を階層別に行っています。2年に1度行われる調剤報酬改定が、どのように調剤報酬変わりそしてどう対策していくべきか、この研修改定研修(説明会:吉岡先生のご指導)を通じ、対応策を考え着実に実行しています。

【薬局管理者研修】 管理薬剤師には、経営・人事管理・物品に関する知識が必要となります。現状の店舗分析をもとに、薬局管理者さらにより良い管理者となれるよう定期的に指導して 研修おります。

【コミニュケーション研修】 接客・服薬指導のトレーニングをするために、模擬ケーション患者でコミュニケーション研修を実施。研修は3段階研修あり、最終的には自分の服薬指導をビデオ撮影し、分析・評価を行い、より良い服薬指導を身に着けます。

研修の様子

【フォローアップ研修】 店舗配属後1年目は、知識と技術の差がつかないようにするために、毎月フォローアップ研修を実施します。また、新人薬剤師の成長具合の確認と、質問形式で不明点の確認も併せて行っています。

【新人薬剤師研修】 入社した新入社員が、調剤薬局に本配属されるまでの間に受ける研修は以下の通りです。「患者様に安心してご相談いただけるかかりつけ相談薬局づくり」というコンセプトを実践するために、社会人としての基礎研修、OJT研修を行っています。

 プロフェッショナル研修

海外研修

【海外研修】 日本に留まらず、医療や流通の最新動向などさまざまな見聞を広めるために、海外視察も実施しています。杏林堂薬局は「ドイツ薬学視察ツアー」「アメリカ医療視察ツアー」があり、ヨーロッパ・アメリカと広く研修参加者ともに。さまざまな知識を得ることができます。

【学会・学術大会参加】 薬剤師各人が自ら、自由に学会参加・ 発表する機会が与えられています。今まで「日本薬剤師会学術大会」「日本薬学会」「東海薬剤師学術大会」「日本社会薬学会」と多くの学会に参加・発表しています。

学会・学術大会参加

【認定薬剤師制度】 生涯学習していく習慣を身に着けるという意味で、更新制の認定薬剤師制度を会社を挙げて推進しています。E-ラーニング(法人契約)、認定シールの発行される勉強会の紹介など、薬剤師が認定薬剤師を取得出来、更新出来る環境を整えています。杏林堂薬局の調剤業務を担当する薬剤師の90%が認定薬剤師を取得しています。

【メディカルアロマ講習会】 アロマセラピー、メディカルアロマなど様々な言葉が溢れるようになってきましたが、基準が無く、雑貨品的な扱いになっていて、本来の扱い方をされているかは疑問です。アロマはケミカルなものなので、薬学・有機化学に精通する薬剤師にとっては、非常に身近なものではないでしょうか?医療機関で実際にアロマを取り入れている看護師・助産師を講師にお迎えして、薬局でも患者様・お客様にご提案できる知識と技術を習得していきます。

お気軽にお問い合わせ下さい

TEL 053-453-2333
(採用専用)

受付時間:平日
9:00〜18:00

FAX 053-453-5112

受付時間
24時間受付