お客様のニーズを把握し、より一層のレベルアップ!

 「杏林堂」を、地域コミュニティの場にしたい

斎藤健史 - 支社長店舗、本部、商品部とのパイプ役となり、地域のお客様のために何ができるか、お客様が喜んでいただけるかを店舗スタッフと共に考え「売場・接客・環境」を店舗で実践していくことが現在の仕事です。担当エリアの店舗へ訪問する際には、店舗で日々起きている問題や、店舗の課題に対し店舗スタッフと共有し、対応策を立て、素早く且つ的確な改善につなげていきます。そこから店舗スタッフと共に学ぶことで、店舗スタッフが成長し、また自分自身も成長できると信じて取り組んでいます。

従業員全員で力を合わせ目標に向かって活動をしているとき、そして目標を達成した際に大きな喜びを感じます。そのような店舗では、お客様もその活気ある雰囲気を敏感に感じていただけるようで、いきいきと働く従業員をみて、「いつも活気があっていいね」「また来店したい」とおっしゃっていただけます。杏林堂の店舗が、そこで働くパートナー社員の皆さんにとっても、その地域のお客様にとっても無くてはならない地域コミュニティの場として認識していただけるようになることが、私の考える「地域貢献」であり、大きな目標の一つです。

 お客様が「使ってみたい!」と思わず手に取るような仕掛けを作る

市川貴久- バイヤーバイヤーは、商品を製造するメーカーと、店舗に来るお客様との架け橋の役割をする仕事です。具体的には、価値ある商品を探し、商談、仕入れ、どんなお客様にどう売るのかを考えます。杏林堂の場合、他社と違い仕入れから店舗振り分け、売り場レイアウト指示などお客様の手元に商品が届くまで、店舗の社員と一緒になって考えます。ありふれた品揃えや陳列ではお客様の心は動きません。どこにも置いていないレア商品を考えて店頭に並べ、「お客様が使ってみたい!」と思わず手に取ってしまうような仕掛けを作ることが仕事の醍醐味です。

店舗とのチームワークを意識したコミュニケーションや売れ時に合わせた商品投入、そして連動させた広告展開により、お客様から受け入れられて販売目標を達成した時にはやりがいを感じます。石の上にも3年という言葉があるように、まずは、3年間働けば何かが見えてきます。誰しも最初は初心者なので、是非皆さんも前向きに取り組んでください。

お気軽にお問い合わせ下さい

TEL 053-453-2333
(採用専用)

受付時間:平日
9:00〜18:00

FAX 053-453-5112

受付時間
24時間受付